オーチャードからバス『SAEx』でシンガポール動物園への行き方・アクセス

SAExバス

オーチャードからシンガポール動物園への行き方を紹介するぞ

 

こんにちわ、タロ吉(@tarokichi12345)です。

 

この記事ではサファリゲートの『SAEx』というバスを使ってオーチャード周辺からシンガポール動物園への行き方を紹介します。

ちなみにナイトサファリとリバーサファリはシンガポール動物園と同じ場所にあるので行き方は同じで大丈夫です。

『SAEx』を利用するにあたって気を付けておきたいポイントもありますので是非参考にしてください。

 

オーチャード周辺の『SAEx』のバス停・乗り場

オーチャード周辺にある『SAEx』のバス停は、Robinson The Heerenというショッピングモールの前にある「Opp Mandarin Orchard」というバス停です。

マンダリンオーチャードシンガポールホテルからオーチャードロードを挟んだ向かい側にあります。グーグルマップではこの辺り。

実際のバス停の周りはこんな感じです。

SAEXマンダリンオーチャードバス停 SAEXマンダリンオーチャードバス停

バス停から道路を見ると反対側にマンダリンオーチャードシンガポールホテルが見えます。「Mandarin Gallery」という建物がそうです。

SAEx-Opp Mandarin Orchard

 

 

『SAEx』のバス車体

これが『SAEx』のバスです。このバスが来たら乗り込みましょう。

SAEx-バス

と言いたいところですが、オーチャードのバス停は『SAEx』だけのバス停ではなくて、いろんな種類のバスが次々に停まります。間違えて違うバスに乗り込んでしまわないためにこの『SAEx』のマークがバスの車体についているかを必ず確認しましょう。上の写真ではドアで一部隠れてしまっていますが、バス側面の前方に『SAEx』のロゴがあります。

SAEx-bus

似たようなバスが結構多いので当日焦らないように事前にこのマークを焼き付けておいてくださいね。

 

SAExのバス

 

『SAEx』の時刻表

シーズンによって出発時間が変わるっぽいので『SAEx』のバスの時刻表は以下の公式サイトから確認することをおすすめします。

ちなみに僕は10:40発のバスに乗りました。(2019年5月時点)

正直結構わかりにくいサイトですので軽く説明しておきます。サイトに行くとこんな感じの画面になります。

SAEx公式サイト

サイトにアクセルするとビヨーンと検索欄が中央に出てくるので、

Fromの入力欄で「MANDARIN ORCHARD」を選択し、Toの入力欄に「SINGAPORE ZOO」を選択して日付を選択しましょう。(目的地に「NIGHT SAFARI」を入れると夕方の時間しか出てこないので注意)

心が折れかけますが頑張って調べましょう。

 

『SAEx』公式サイト

 

『SAEx』は本数がそれほど多くないので乗り過ごさないように余裕をもってバス停車に行くようにしましょう。日本のように時間ぴったりにはこないので念のため15分前くらにはバス停で待っておいた方がいいと思います。

シンガポール動物園側から市内への時刻表はこちらになります。

SAEx 時刻表

シンガポール動物園を出発する時間は、14:30、16:30、21:15、22:15、23:15です。

『SAEx』の所要時間:約50分

オーチャードからシンガポール動物園までの所要時間は約50分です。多めにみて1時間かかると思っていくのがいいでしょう。

所要時間はどの交通機関を使ってもこれくらいはかかるので一気にシンガポール動物園の入口まで連れていってくれる『SAEx』がいいと思います。

『SAEx』の料金:6$

『SAEx』の料金は、大人6$、子供4$です。他の交通手段の中でもおそらく1番安く行けます。

料金の支払いはシンガポール動物園に到着した時に支払いますが、バスの運転手ではなくて降りてすぐ目の前にある売店のようなこのカウンターで支払います。

SAExバス料金支払い場所

バスの乗客は例外なく全員そこで支払うので不安な人は誰かの後ろについていきましょう。

 

シンガポール動物園とセットで購入するとチケット売り場に並ばなくていいのでおすすめです。セット購入はvoyaginのサイトから購入することが出来ます。

voyaginでチケットをネット購入した場合の『SAEx』の支払い方法は、Eチケットという名のバーコードリーダーがメールに送られてくるのでスマホの画面を受付に人に見せればOKです。既にクレジットカードで支払い済なので「はい、OK」みたいな感じで一瞬で手続き終了するので時短になりますよ。

ここで時刻表が置いてあるのでスマホで写真を撮っておいて帰りのバスの時間をしっかり覚えておきましょう。

『SAEx』の路線図:ブルーラインを使うこと

『SAEx』の路線はブルーラインとオレンジラインの2種類があります。オーチャードとシンガポール動物園を結ぶのはブルーラインです。

先ほど紹介したオーチャードのバス停「Opp Mandarin Orchard」はブルーラインなので間違えてオレンジラインのバスに乗ってしまう心配はありませんが、ブルーラインがどこを通るのか事前に確認しておくと不安が軽減されます。

もし寝過ごしてバスを降り忘れた場合どこに行ってしまうのかを知っていると対処出来ますので。

 

『SAEx』の車内:わりと広い

『SAEx』の車内はこんな感じです。座席は結構広々としていてバスにしては結構快適でした。

SAExの車内 SAExの車内 SAExの車内

安くて楽にシンガポール動物園まで行けるのに利用しているお客さんがそれほど多くなくて行列が出来ることはありませんでした。

 

実際の現地スケジュール参考例

参考に僕が『SAEx』を利用して、何時に出発して、何時に到着して、どれくらい動物園で時間をつぶして、何時に帰ったのかを紹介しておきます。

僕がシンガポール動物園で過ごしたスケジュールです。

  1. 10:40 オーチャードのバス停にて『SAEx』乗車
  2. 11:30 シンガポール動物園に到着
  3. 12:00 昼食を済ませる
  4. 12:30 リバーサファリ入場
  5. 17:00 ナイトサファリまで時間をもてあます
  6. 18:30 ナイトサファリ入場
  7. 19:30 夕食を済ませる
  8. 19:45 ナイトサファリのトラム(英語版)に乗る列に並ぶ
  9. 20:30 ナイトサファリのトラム(英語版)に乗る
  10. 21:20 ナイトサファリのトラム(英語版)終了
  11. 21:30 ナイトサファリのウォーキングコース入る
  12. 22:20 ナイトサファリのウォーキングコース終了
  13. 22:15 シンガポール動物園にて『SAEx』乗車

 

ざっくりこんなスケジュールでしたが、ポイントとしてはナイトサファリのトラムに乗った後、ウォーキングコースを早歩きで回れば22:15出発のバスに乗れるということです。

というか暗闇で動物が1匹たりとも見えなかったのでウォーキングコースは個人的には行かなくてもいいと思いました。自然と早歩きになりますよ。

なのでトラム(英語版)が終了した時点で21:15のバスに乗れると思ったらそのまま帰ることをおすすめします。ちなみに英語版トラムは常にバンバン出発するので日本語トラムよりも早く乗れると思います。

『SAEx』のまとめ・注意点

シンガポール動物園に行くなら安くてアクセスが簡単な『SAEx』がおすすめです。

もちろん便利でしたが事前に気を付けておいた方がいいと感じたのは、オーチャードのバス停にSAExの時刻表がどこにもないので、「もしかしてここには停まらない?」と不安がよぎったことです。

動物のイラストが描かれた似たようなバスが停まるので間違えないようにSAExマークを焼き付けておいてくださいね。

SAEx-bus

もうひとつは、シンガポール動物園から帰る際に早めにいかないとかなり混みます。僕は22:15発のバスですが22:00くらいにバスに乗ったので余裕でしたが5分遅れていれば祭りの帰りのような行列に巻き込まれるところでした。

最悪の場合、バスに乗れない可能性があるので帰りは絶対に早め行動を心がけましょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スクート(Scoot)に飲食物の持ち込みは出来ないが水を持ち込む裏技方法

サルタンモスク

サルタンモスクに行ってきた感想│服装や見学時間│アラブストリートの観光スポット

スクートビジネスクラス

スクート(Scoot)のビジネスクラス(スクートビズ)とエコノミーの座席比較│感...

マリーナベイサンズのカジノの服装

マリーナベイサンズのカジノに入場出来た実際の服装を写真で紹介します

ジャンボシーフード

シンガポールのチリクラブ『JUNBO seafood』の値段の罠・食べ方│感想レ...

シンガポールナイトサファリ

ナイトサファリ│所要時間・おすすめトラム・夕食・チケット料金・買い方・アクセス