SEO対策のキーワードを『狙う』って結局どういう意味?具体的な対策方法

 


狙う狙うって。キーワードを『狙う』ってどういう意味なんだよ。

初心者からすると『狙う』って言葉の意味がわかりにくいよね。簡単に言うと、人が検索しそうな言葉を予想して、自分のサイトが検索されるようにいろいろ設定していくことだよ。

 

こんにちわ、タロ吉(@tarokichi12345)です。

 

「SEO対策ってなに?」

「キーワードを狙う。。狙うってなに?」

 

と感じているのは、頭の悪い僕だけかもしれませんが、

ブログを始めてまず最初につまづいた点でもあるので、この記事ではそんな疑問点を僕なりに解説していきたいと思います。

 

この記事では、あくまでキーワードを『狙う』の意味について解説していきます。「SEO対策」を網羅的に説明した記事ではありませんのでご了承ください。

 

SEO対策のキーワードを『狙う』ってどういう意味?

 


これまでいろんなサイトを見たけど、結局キーワードを『狙う』って意味がいまいち理解出来ない。具体的にはなにをすればいいんだ?

初心者からすると『狙う』の意味がわからないよね。例を出しながら詳しく説明するね。

 

いろいろなサイトでSEO対策について調べると、キーワードを『狙う』こととよく見かけると思いますが、

で、狙うって結局どういう意味?」って方も多いと思います。

先に結論を言うと、『狙う』という意味は、人が検索しそうな言葉を自分のサイトに織り込み、検索結果で上位表示されるようにすることです。

 

これだけでは具体的にイメージしにくいと思いますので、実際に僕が抱いた疑問を踏まえながら説明していきます

 

 

SEO対策で狙ったキーワードを入れる適切な箇所は?

 


キーワードを狙うって意味はわかったけど、サイトのどの箇所にキーワードを入れていったらいいんだ?

一番効果的なのは「サイトタイトル」に狙ったキーワードを入れることだよ。

 

あなたが狙ったキーワードを入れるべき一番重要な箇所は、「サイトタイトル」です。

システムの仕組みをざっくり説明をすると、検索エンジンでキーワードが検索されると、グーグルの検索エンジンロボットが出動してインターネット内を巡回し出します。

たくさんあるサイトの隅々まで1つ1つ巡回していると時間がかかってしまうので、ロボットは巡回ルートを決めています。

そのルートが「サイトタイトル」→「記事タイトル」→「ヘッダータイトル」という順番です。(本当はもっと複雑ですがが、ざっくりいうとこんなイメージです。)

これはグーグルのシステム上そうなっているので、詳しく調べたい方はグーグルの記事をお読みいただければ結構ですが、ちょっとわかりにくいと思うので、「サイトタイトル」にキーワードを入れることが重要!とだけ覚えて頂ければ結構だと思います。

 


特にサイトタイトルはとても重要で、サイトタイトルを変えただけで順位が大きく上昇してTOP10位以内に入ることだってあるんだ。

そんなにか!それじゃ、サイトタイトルはしっかり考えて決めないとだな。

 

最も優先度が高いのは「サイトタイトル」ですが、他にもキーワードは入れておいたほうが効果的です。一覧にするとこんな感じです。

 

・「サイトタイトル」
・「記事タイトル」
・「ヘッダータイトル」
・「記事パーマリンク」

 

ヘッダータイトルとは、記事の中にある見出しのことです。

基本的には記事の中にはいくつかの見出しが配置されています。この記事にもいくつかの見出しがあります。

記事パーマリンクとは、「https://」から始めるサイトのURLのことです。

例えば、狙ったキーワードが「水泳 始め方」の場合は、「suiei-hajimekata」と日本語のまま入れるのではなく、「swim-begin」とします。

なぜなら、このパーマリンクは検索エンジンロボットが巡回しないルートと言われていりうからです。

なのでパーマリンクには、人がパット目で見てなんの記事かがわかるようなキーワードにしましょう。

 

 

 SEO対策で狙ったキーワードを入れる適切な頻度は?

 


サイトタイトルは1つだけど、記事って複数書くよな?サイトタイトルに入れたキーワードを記事タイトルにも入れたほうがいいのか?

1つの記事に対して狙うキーワードは1つにしたほうが良いよ。同じような記事がたくさんあると読者が混乱してしまうから同じキーワードを複数の記事に入れるのはやめたほうがいいね。

 

ここでも「水泳 始め方」を狙ったキーワードにした場合を例にして考えてみましょう。

サイトタイトルを「水泳の始め方」にしたとすると、「水泳 始め方」というキーワードは狙えていることになります。

「記事タイトル」でも「水泳 始め方」を入れても良いですが、同じようなキーワードの記事が複数あるとサイトの評価が下がってしまいます。

これは、グーグルの検索エンジンロボットは巡回中に重複したキーワードを見つけると、読者を混乱させるサイトと判断し、そのサイトの評価を下げるためです。

なので、記事には「水泳 始め方」ばかりではなく、「水泳 泳ぎ方」や「水泳 必要道具」などの関連キーワードを入れていくのがおすすめです。

つまり、「サイトタイトル」で狙うキーワードと、記事で狙うキーワードは別々のキーワードということです。

 

メタディスクリプションにもキーワード入れた方がいいの?

 


メタディスクリプションにも狙ったキーワードを入れたほうがいいのか?

メタディスクリプションには、キーワードを入れるというよいそのページがなにについて書いているかを端的に書いたほうがいいよ。

 

メタディスクリプションとは、検索結果の表示画面でタイトルの下にあるそのサイトの説明文を表した文章のことです。

読者にとって、メタディスクリプションは、どのようなサイトなのかを判断するのに非常に重要な情報になるので、端的で分かり易い説明文を入れることをおすすめします。

自然な形で狙ったキーワードを入れるのは良いですが、無理やり狙ったキーワードを入れることはおすすめしません。

 

 

SEO対策のキーワードを『狙う』 まとめ

 

かなりざっくりとして説明でしたが、キーワードを『狙う』ということは、人が検索しそうな言葉を自分のサイトに織り込み、検索結果で上位表示されるようにすることです。

どんなことが検索されていて、どんなキーワードで検索されているか、日頃から想像力を豊かにしておくことが重要です。

これらを積み重ねていくことで徐々に上位表示されていくでしょう。

しかし、上位表示させるために必要なことは、キーワードを狙うことだけではありません。

記事の内容の質更新頻度、さらにはサイトの表示スピードなどを複合的に高めていくことで上位表示されるサイトになっていきます。

また、いくら上位表示されるようになったとしても、読者の役に立たない記事内容だと、読者の離脱率が上がり、結果としてサイトの評価が下がてしまう結果となります。

そこらへんのバランスを保ちながら健全なサイトを運営していくことが重要です。

キーワードを狙うことも大切ですが、読者にとって役立つ内容の記事を書き、満足度の高いサイトを運営していくことが一番大切だと言えるでしょう

 

これからブログを始めようとしている方にとって少しでも参考にされば幸いです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ブログ運営報告│8ヵ月目】6ヵ月放置してもPVが倍増!

グーグルアドセンス合格できない「価値の低い広告枠」の対策方法

ブログ運営30記事達成!挫折しないための対処法・取り組んだこと

ブログアイコンのイラストの作り方【クラウドワークス】

【ブログ運営報告│2カ月目】まだPV数は気にしない!記事数は34記事!

【ブログ運営報告│1カ月目】PV数は気にしない!記事数は22記事!